永久脱毛とはどういうこと?

  • 永久脱毛の本当の意味

    • 永久脱毛を行えば、二度と毛が生えてこないというイメージがあります。
      しかし、厳密には施術が終わってから50年間毛が生えてこない状態を永久脱毛と呼び、現在日本で認められているのは、医療機関によるレーザー脱毛だけです。



      本来、永久脱毛というのは、医療行為であるために、医療機関以外では施術することができません。



      医療機関で行われるレーザー脱毛は、医療用のレーザーを使って施術をします。

      レーザーの光は、肌の上から当てるだけで、毛の根本まで届き、熱のエネルギーで毛根を破壊します。


      毛根には、毛の生える元になる毛乳頭があるために、破壊されると毛は生えることができなくなります。



      そのために、エステや脱毛サロンで行われているのは、永久脱毛ではありません。



      正確には、毛を減らす処理であるという意味の減毛や、生えるのを抑えるという意味で抑毛という処理になります。

      中には、脱毛が可能であるような広告を出しているサロンもありますが、施術によってムダ毛を確実になくす効果はありません。



      そもそも、エステではレーザーが使えないので、フラッシュという弱い光を使用していて、毛根を破壊するだけの力がありません。

      ですから、せっかく施術をしても毛が生えてくるということがあります。



      毛根は残っている状態なので、仕方がないことですが、脱毛が終わったと思っているのに、毛が生えてくると驚いてしまう人もいます。



      毛の本数を少なくしたいというだけならエステの施術でも構いませんが、きちんと永久脱毛したいときは、皮膚科や美容外科へ行く必要があります。



  • 関連リンク

    • 医療機関でのみ行うことの許可されている永久脱毛は、幅広い年齢層からも指示を受けている脱毛方法です。エステサロンでの脱毛は減毛であり、医療機関で行う医療レーザー脱毛は永久脱毛です。...

    • ムダ毛の処理で悩んでいるという場合、永久脱毛を受けると良いでしょう。エステサロンでは光脱毛が主流となっており、現在生えている毛に対して効果を発揮するものであるため、完全にムダ毛を無くすことは難しくなっています。...